料理のマンネリを打開するシンプルな方法

いつものマンネリとの闘い…

さてと、今日は何を作ろう…?

う~ん。
う~~ん。
う~~~ん。

まあ、カレーでいいか。
無難だし。
みんな喜ぶし。
毎週金曜日はカレーかな!

なんて料理のアイディアって、マンネリ化してきませんか?

スクリーンショット 2016-04-01 18.02.45

マンネリ化は、なぜ起こる?

マンネリ化している時というのは、新しいものに触れていない時だと思います。
自分への「刺激不足」ではないでしょうか?

安易で楽な方へと流れ、同じパターンを繰り返している時にも感じるものだと思います。

やっぱり人間は飽きる生き物。
同じものだと飽きてしまうし、アイディアもなかなか生まれてきません。

マンネリ化したら、やること

兎にも角にも、新しいものにチャレンジすることだと思います。
自分の安心領域の外に出てみる。

新しい料理本や雑誌を買ったり、ネットでレシピを探すのもいいですが、思い切って行ったことのないお店で外食してみるのも1つの手です。今話題の店へ行ったり、一度食べてみたかった料理を食べてみる。

すると刺激をビシバシ受けて、こんな料理を作りたい!なんてあっさりと思ってしまうものだと思います。

私はまさにそんなタイプです。
美味しい料理を食べると、嬉しいんですが、悔しくもなりますww

あ~、こういう料理作りたいなあ…。
こういう組み合わせがあったか。こんな世界があったか。

ああ、思いつかなかったな~ってね。

ピンチはチャンス!?

でも逆に考えればマンネリとは、もうそのレベルはしっかりと自分のモノになっているということ。新しいステージに立つチャンスが来ているんだと思います。

踏み出すのは少し大変な時もありますが、思い切って扉を開けば、新しい世界が現れ、また楽しくなり、成長できるのだと思います。

「人生、死ぬまで成長期」

そんな言葉を聞いたことがあります。
料理にもそのまま当てはまる。そんな気がします。

新しい世界へと踏み出そう♪

ずっと同じことをしていても、物事は向上しません。
今より良くなりたいのであれば、今なにかを変えなければ、それは手に入りません。

それは、料理も同じ。
今と同じ料理の仕方をしていても、今より美味しい料理を作ることは出来ないでしょう。

じゃあ、何を変えるべき?

レシピでしょうか?
食材でしょうか?
調理器具でしょうか?

それらも大事な要素なのですが、もう一つ考えてみて欲しいことがあります。

それは、料理をするあなた自身の考え方です。

もし、レシピに「玉ねぎをじっくり炒める」と書いてあったら、何分炒めますか?
もし、レシピに「お酢を適量入れる」と書いてあったら、どのくらい入れますか?

これらは、レシピを読む上での「大前提=考え方」です。
レシピというものは、これらの大前提を分かっているものとして書かれています。

これらの大前提を私は、「料理の法則」と呼んでいます。

この考え方が間違っていて、レシピを読み違えてしまえば、美味しい料理は出来ません。どんなに優れたレシピでも、どんなに良い食材でも、どんなに高性能な機材を使っても、難しいでしょう。

もし今料理に壁を感じているのであれば、これらの料理の法則は、今のあなたの料理を飛躍的に向上させるブレイクスルーとなるかもしれません。

アメイジングフレンチは、この料理の法則を学ぶために特化された、料理上達プログラムです。1Dayレッスンでは、数ある法則の中でも特に重要なポイントに焦点を当てて、お伝えしています。

レッスンの詳細は、下のリンクからご覧いただけます。

料理の悩みを一日で解決する料理教室
"AmaZing FRENCH 1Dayレッスン"

1Day-lesson-ad AmaZing FRENCH 1Dayレッスンは、
料理が上手になることに特化された特別なレッスンです。

・これまでの料理の疑問が解けます
・レシピに振り回されなくなります
・良さ気なレシピを探す必要がなくなります
・美味しい!と感動されるようになります
・一生モノの財産になります

レッスンは、どなたでも受講可能です。
これまでの料理の疑問を解き、飛躍的に美味しい料理を
あなたの手で作るための一歩にして下さい。

1Day-lesson-button